わきが治療(保険適用)

マリアクリニックでは、長年の症例実績を元に 高度な治療技術を実現

保険診療の適用によって、 よりお客様にお喜び頂けるものとなりました。

わきが治療の保険適用について

マリアクリニック横浜院でも、わきが治療の保険適用が可能になりました。
今まで費用面で治療を懸念されていた方にはお喜び頂ける内容に生まれ変わりました。

元々マリアクリニック町田院では、わきがの保険治療を長年行っており高度な技術を持った医師による保険治療の症例実績が数多く御座います。
初めての方でも、ご安心して治療を受けるクリニックになっております。

治療法の種類

剪除法(せんじょほう) * 保険適用可能 / 3割負担の場合片わき 20,000円程度

脇下の皮膚を数cm切開し、臭いの原因となるアクポリン汗腺を一つ一つ取り除く方法です。アクポリン汗腺を直接取り除くので、多汗症治療にも効果的です。
アクポリン汗腺は一度取り除くとほとんど再生しないといわれておりますが、稀に再発する場合が御座います。
汗腺の取り残しによって起こる再発に関しては、術者の技術力によって大きく左右されるところですが、当院では熟練の技術を持った技術者が担当させて頂きますので、安心して治療を受けることが可能です。
(*症状によっては、保険が適用できない場合もございます。予めご了承ください。)

シェービング法 250,000~360,000円 保険適用外

シェービング法に関しては、日本美容外科学会のシンポジウムでも高く評価されるなど、効果の高さで注目を浴びました。
脇の下の皮膚全体(毛の生えている部分とその周囲1センチの範囲)を厚さ1ミリ程度になるまで削ることで、アポクリン汗腺とわき毛がほとんど再生してこないといわれています。
特徴として、傷口が小さく、術後の回復がせん除法よりも早いのが特徴です。

わきボトックス(夏季など一定期間の効果です) 86,400円 保険適用外

ボトックス治療はA型ボツリヌス菌という毒素から抽出した神経毒素を使い、汗を送り出す筋肉の動きを抑えることで、わきが多汗症の原因となる発汗自体を抑える効果があります。
効果期間は永続的なものではなく、平均で3~半年程度の限られた期間になります。
1回の治療費用も他の施術と比べると安いので、費用面で懸念されていた方にはおすすめですが、 長期的(複数年に渡って)に発汗の改善をしたい方は、費用面で逆に高くなってしまうのでおすすめ致しません。
副作用がほぼないので、施術後に日常生活に影響を与える心配もほとんどありません。

治療の流れに関してはこちら »