治療の流れ

  1. カウンセリング

    当院では、じっくりと時間を取り患者様のご要望やご質問にお答えするカウンセリングを大切にしています。ワキガや多汗症の状態について詳しくお聞きした上で、治療の内容や注意点をご説明させて頂きますので、ご質問がございましたら些細なことでもお気軽にお尋ね下さい

    より良い結果を出すためには、患者様の状態を把握した上で、適切な治療プランを立てる必要があります。カウンセリングの時間を惜しまないことで、ご納得頂ける治療が可能になります。

    ↓
  2. マーキングと麻酔

    より確実に汗腺を破壊する為に、汗腺の範囲を見極め、照射漏れの無いように照射位置をマーキングしていきます。照射時の目安となるものですので、マーキングを的確に行うことは大切です。

    次に、ワキに局所麻酔のための注射を行います。複数個所に麻酔を行い、マイクロウェーブ照射時に痛みを感じないようにします。

    注射後、約5~10分待って治療を開始します。

    ↓
  3. ミラドライ治療(マイクロウェーブ照射)

    ミラドライ治療では、ワキの汗腺に対してマイクロウェーブを照射することで、汗腺を破壊し、ワキガや多汗症を解消します。

    ワキの大きさによって異なりますが片側で約20分程度が平均的な処置時間となります。マーキングに沿ってハンドピースを当てると、皮膚を優しく吸い上げ皮膚組織を安定させるとともに、マイクロウェーブが照射され、熱エネルギーによって汗腺が破壊されます。

    照射後は約15分治療部位を冷却して終了となります。麻酔が切れた後の痛み・違和感は個人差がありますので気になることがありましたら随時ご報告ください。適切にご対応いたします。

治療後の経過

治療後は汗腺とその周囲が熱によって炎症を起こしていますので、数日間は、激しい運動や入浴、飲酒は控えて頂きます。当日からシャワーは可能で日常生活には支障はありません。

治療後1週間は個人差がありますが、ワキに違和感を感じるケースが多いですが、汗腺を破壊したことによる皮下組織のダメージからくるもので、徐々に消失していきます。

1ヵ月もすれば違和感もなくなり元の状態に戻ります。1ヵ月後健診で、発汗の状態やワキの組織の回復状況を診察します。出来るだけ1度の照射で高い効果を目指しますが、個人差により効果が十分に感じられないケースもございます。その場合、2回目の照射を行う事で多数の方が満足いく結果を得られています。