当院独自の施術法により痛みや副作用を軽減した超高精度わきが・多汗症治療

マリア式ミラドライ治療

万全の品質・衛生管理・最新の医療設備のもと常により良い治療が提供できるよう,日々改善を重ねております。

詳しくはこちら

院長写真

2010年に初めてミラドライ治療が日本に導入され、いち早くミラドライ治療を取り入れたマリアクリニックでは、すでに多くの実績を重ね、日本人の体質に合った当院独自の麻酔の方法・治療法を開発。

痛みや副作用の心配をされる患者様に対し、不安を軽減した独自の治療法を行っております。

ミラドライ公認医師が施術法等を研究し、「安全・安心」をモットーに緩和ケアに関しても腫れ等の副作用を緩和するために、治療後の冷却照射などアフターフォローに最善の注意を払っております。
患者様おひとりおひとりのご希望に添えるよう、美容医療のプロとしてカウンセリングからアフターケアまで誠心誠意をつくし、ご満足頂ける治療をお約束致します。

ミラドライ治療の概要・原理

ミラドライはFDA認定の治療法

FDA認定

ミラドライは多汗症治療機器としてアメリカのFDA(米国厚労省)の認可を取得している医療機器になります。
FDAとは、日本で言うところ【厚生労働省】に該当し、健康食品や医薬品の品質検査や、症例データを元にした、効果・安全性についての承認審査を行っている機関になります。

すなわち、FDAに認可を受けているミラドライ治療は【効果・品質・安全性】にお墨付きを得ている、非常に優秀な治療法ということが言えます。
日本でも、わきが・多汗症患者への臨床試験を実施し、個人差はございますが60~90%減少との結果が得られております。

治療原理は電子レンジと一緒!?

ミラドライによるわきが治療の原理は、マイクロウェーブ(電磁波)をわきの皮膚表面から照射し、汗腺を破壊し汗腺の根本から治療を行うというものになります。
マイクロウェーブは電子レンジ等でお馴染みの電磁波で、水分に反応して熱を発生させる作用を持っています。ミラドライはこの原理を利用して、左図のように皮膚の汗腺がある部位に集中的に熱を発生させ、汗腺組織を壊すことにより、ワキから汗が出てこないようにするので、基本的な原理は電子レンジと一緒になります。

ただ、ミラドライ治療が電子レンジと大きく異なる点として、ミラドライ治療では電磁波が拡散することなく、集中的に狙った部位に照射できる構造になっているという事です。
照射レベルの調整を行うことで、汗腺が最も存在する2~4mmの層に直接エネルギーを集中させるように設計がされております。

表皮のやけどの心配はなし!

実は、マイクロウェーブそのものが熱をもって内面に伝わるわけではないので表皮やけどの心配はございません。
マイクロウェーブは、水分子に吸収されて初めて熱エネルギーに変換されるので、水分が少ない表皮はやけどの心配が御座いません。
さらに【ハイドロセラミック・クーリング】というミラドライ独自の冷却システムが備わっており、これを使うことにより表皮から真皮を冷却しながら、汗腺を直接破壊する事が可能となっております。

ミラドライの特徴

ミラドライは、マイクロ波を利用して、わきが・多汗症を治療します。
マイクロ波は極性分子(水分子)に選択的に吸収されてエネルギーが熱に変換されます。マイクロ波加熱は、熱伝導や対流を無視でき、かつ急速で均一に加熱されるという特徴があります。ミラドライは水分の多い汗腺をターゲットとして、汗腺付近にエネルギーを集中させていきます。またエネルギーの集中により、汗腺以外への影響が最小限に抑えられます。

  1. ミラドライの原理1

    1

    わきが・多汗症の原因である「アポクリン腺」「エクリン腺」が集中する層へマイクロ波を照射します。
    冷却されている表皮から真皮は抵抗が少ないので、エネルギーはより深部へ。

  2. ミラドライの原理2

    2

    マイクロ波の周波数は、エネルギーが真皮を通過しやすく皮下脂肪で抵抗を受けるものが選択されています。
    このため、皮下脂肪層と真皮の境界にエネルギーが蓄積されることになります。
    そしてエネルギーは汗腺に吸収されていきます。

  3. ミラドライの原理3

    3

    ミラドライの冷却システムは、ハイドロセラミック・クーリングによって表皮脂肪層の抵抗と表面からの冷却によって、熱の影響は汗腺があるエリアに集中して、脂肪層より深部への著しいダメージはありません。

その他の治療法との比較

   ミラドライ  手術  ボトックス注射
効果 永続的 永続的 3~6ヶ月(当院実績)
傷跡 皮膚をいっさい切らないので傷跡は全く残りません。 皮膚を切開するので多少の傷が残ります。 なし
ダウンタイム日常生活への影響 切開手術に比べると短く、手術日翌日から(当日はシャワーのみ)入浴が可能です。
また、外見から手術をしたかどうかは分かりません。わきの照射部分が1~2週間程度、多少腫れることが御座いますが、その間も通常通り生活が可能です。
術部を圧迫固定する期間が約1週間あり、順調に回復した場合術後約2週間後から日常生活を送ることが可能です。 なし
治療時間 1時間程度 1~2時間 注射で終わり
有効なわきがの重度 重度 重度 軽度~中度
保険適用 × ×
費用 通常プラン
350,000円(両わき1回)
保証ありプラン
450,000円(両わき1回 保証つき)
片わき 20,000円程度
※保険適用可能
(両脇)84,000円

ミラドライの安全性

ミラドライの安全性

切開施術ではないので安全

最大の特徴として、手術のように切開しない手術法になるので、切開箇所に生じるトラブル等の心配もなく、治療後に皮下の炎症による違和感は若干残ることもありますが、1ヵ月もすればほぼ元の状態に戻ります。
ミラドライ治療はボトックス治療を除くとわきが・多汗症治療法の中で最も安全性の高い治療法になります。

感染等の心配につきましても、麻酔の注射等で多少の出血は見られますが、バイオ・チップは1回毎に使い捨てになっており心配ありません。未交換のまま2人目の照射を行おうとするとエラーが出る等、人為的なミスも防ぐように設計されており、安全性は確保されています。

ミラドライ認定クリニックのみが施術可能

実はミラドライ治療には認定制度があり、アメリカのミラマー社によって認定されたクリニックのみが施術を行うことが可能になっております。
当院長はこの認定プログラムを完了し認定書を取得しており、クリニック全体に適切なミラドライ治療の方法を伝えております。
このように信頼の出来る医師のもと施術が行われることにより、皆様の信頼を確実なものとしております。
また症例結果を元に、ミラドライ認定医師がよりよく施術内容を改善していくことで、今後より精度の高いミラドライ治療が開発できると考えております。

マリア式ミラドライ治療が選ばれる理由

マリア式ミラドライ治療が選ばれる理由

マリアクリニックオリジナルの治療法を開発

マリアクリニックでは症例データを元に日々研究・改善を重ねた結果、日本人の体質に合った当院独自の麻酔・照射の方法を開発致しました。
これをマリア式ミラドライ治療と呼んでおります。

元々アメリカで開発されたミラドライ治療は、開発当初は最先端のわきが・多汗症治療として脚光を浴びましたが、一番のデメリットとして治療後の副作用である腕の麻痺、しびれ等が不安視されておりました。
マリアクリニックでは、このデメリットを払拭すべく研究を重ね、治療前の麻酔のやり方、ミラドライ照射の方法・レベルをお客様に合わせ適切に行うことで、上記の副作用を減らすだけでなく、治療の効果自体を高める独自の治療法を開発致しました。
その結果、お客様からの信頼を得ることができ皆様に選んで頂ける治療を行うことが出来ております。

ヨードテストによる効果実感 一例

ヨードテストとは汗が発生している箇所が黒く反応する判別検査です。
下の写真はミラドライ治療前と治療後の、ヨードテストの結果を比較した症例写真になります。

治療前に比べると、汗が発生している黒い範囲が減少し、ミラドライ治療によって、発汗の原因となる汗腺が取り除かれているのがご自身の目で確認が出来ます。

T.Iさんの症例写真

  • ミラドライ治療当日
  • >>
  • ミラドライ治療1か月後
  • >>
  • ミラドライ治療3ヶ月後

Y.Hさんの症例写真

  • ミラドライ治療当日
  • >>
  • ミラドライ治療1か月後

QandAミラドライ治療 よくある質問

  • ミラドライは痛いでしょうか?

    治療部位に局所麻酔を行うので、ほとんどの方は痛みを感じることはありません。
    マリアクリニックでは多くの症例研究から開発した独自の麻酔注射の方法をとります。
    この方法により施術中の痛みを無くすだけではなく、施術後の術部の腫れなどの副作用を最大限軽減することが可能となっております。

  • ミラドライは再発するでしょうか?

    体が成長段階にある未成年の方であれば、汗腺がまだ発達段階にあるので、ミラドライ治療後の汗腺の成長により症状が戻る可能性は御座います。しかし年齢がある程度達していれば(最低年齢 女性:16歳程度、男性:18歳程度)、汗腺が増えることはほぼないので、きちんと破壊された汗腺は再発の心配はございません。

  • ミラドライに副作用・後遺症はあるでしょうか?

    一生残ってしまう副作用や後遺症はございません。治療後は多少の術部の腫れなど一時的な症状が出る場合も御座いますが、このような副作用を最大限減らすような治療法をマリアクリニックでは研究しております。
    また、施術後のアフターケアに関しても、術部をしっかり冷却して終了になります。
    お帰りの際に、腫れに伴う痛み等の副作用を抑えるための内服薬の処方もさせて頂いており、皆様が安心して治療を受けることが出来る体制を整えております。

  • ミラドライは多汗症にも効果がありますか?

    効果は御座います。ミラドライは発汗の原因となる汗腺を直接破壊するため、わきがだけではなく、多汗症にも効果があります。

  • ミラドライが出来ないケースはありますか?

    基本的には、皮下組織にある汗腺を熱で破壊するだけの治療になるので、通常では不適応になる方はいません。ただ、下記のような特殊な場合には治療を受けることが出来ないのでご了承ください。

    • 妊娠中の方
    • 体にペースメーカーなど電子機器を埋め込んでいる方
    • 酸素投与している場合
    • 局所麻酔時に問題が起こった方
    • 他の疾患で併発している方 
     

    上記以外のケースでも、場合により治療を延期もしくは中止する場合が御座いますので、ご了承下さい。